藤岡リナのハートティアラエクセレント > 経済 > 藤岡リナの考える語学力とは

藤岡リナの考える語学力とは

藤岡リナです。
私たちが生活するうえで切っても切ることのできない税金。

少子高齢化が進み、日本の将来のとってとても重要な問題です。

高齢者が増える現代社会では、医療費や、年金、介護など税金の支えなしではこの制度を維持はできなくなっています。

今の日本においての消費税の増税は20%に増やしてやっと国が存続できる状態だとも言われています。

今の日本は財政赤字を抱えています。それを解消するために国民の資産をを知るためにマイナンバー制度を設け

破たんから逃れようとしている国策です。

過去にも戦後に、財政が破たん寸前になったときにすべての銀行が封鎖をし

預金封鎖と同時に新円に切り替えて間接的に資産を没収したことがまた起こる可能性もあるのです。

日本でオリンピックが終わったときにはいつ起きてもおかしくないといわれています。

ここ数年が勝負の時なのです。そして今,皆目を向けているのは海外です。

でも、海外に行くにしても語学ができなければ何もなりません。

語学力なしでビジネスはおろか、生活をすることさえ困難になってしまう。

そうです。語学力をつけるということは大きな資産を持つのと同じことなのです。

この時代に成功し、藤岡リナのハートティアラエクセレントを七他の人生に多いに役立ててください。