藤岡リナのハートティアラエクセレント | 藤岡リナの考える 相続税問題
266
post-template-default,single,single-post,postid-266,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

藤岡リナの考える 相続税問題

藤岡リナの考える 相続税問題

藤岡リナです。

最近、ハートティアラエクセレントでは相続税問題についての相談が多いものです。

相続税には税額を軽減されるような制度がいくつかあります。

代表的なものとして1つあげるとしたら小規模宅地等の評価減の特例です。
この特例が受けられ場合は条件があります。
・被相続人と同居している配偶者。
・同居している子供がそこに継続して住む。
・またそこに同居していない子供でも被相続人に配偶者や親族がいない場合でその子供が賃貸物件に住んでいる場合。
には特例を受けることが出来ます。

相続の減税はできても、兄弟で誰がその家を相続するかで争いが起きたりするものです。
また、売りに出してもすぐに買い手はつかない場合もあります。
お金で、争いは起きてしまうもの。
少しばかりの金額で争いになり、むしろ相続しないほうが良かったケースもあるのです。
中には兄弟でお金のことでもめて中が悪くなるくらいで済むならまだいいですが
言い争いから興奮しエスカレートし暴力事件にまで勃発するケースもあるのです。

そういったトラブルも起きないように、財産の分割について生前に話し合っておくことも必要ですね。

ハートティアラエクセレントではこういった相続などのトラブルにならないようアドバイスもしています。

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA