藤岡リナのハートティアラエクセレント > 体験談 > ハートティアラエクセレント体験談

ハートティアラエクセレント体験談

藤岡リナ鑑定事務所の峰岡建です。 ハートティアラエクセレント専用の体験談ページがなく只今作成中です。 皆さんが最も興味のある事だと思いますので数回に分けてお届けします。 ホームページのリニューアルが終わり次第ご報告をいたします。。   ⑤ 4カ月でビジネスの基盤をつくった 千葉県 48歳 M子さん 私は、若い頃に離婚を経験し子供が今の主人との間にできなかった為に、結婚してからも自分で自分のビジネスを成功することを目標に何年もキャリアを積んだり、それなりの自己資金を貯めていたものの今一つそれを実行に移す勇気がなかった為になんとなく充実しない毎日を過ごしていました。私の主人は平凡なサラリーマンで土日には2人揃って出かけるその程度の趣味しかない私からすれば物足りない夫でした。 高齢化社会を迎えて老人のケアサービスの様な仕事も世間で盛んになっていた頃、私も何か老人に関わるビジネスを立ち上げたくて、毎日思考錯誤していました。 私自信が勤めている会社も医療サービスの会社という事もあって、そちらの方面にはとても興味があったのですが、会社を辞めて起業するなどということは、私のように主婦をしながら成功できることは不可能なことではないかと半ば、諦めかけていた頃でした。 そこで、インターネットで様々な成功塾や、スピリチュアル系のサイトを検索していたところにたまたま、ハートティアラエクセレントを見つけ、入会したのです。 入会し、シルバーコースが終わりに鳴る頃私のモチベーションはすでに最高潮に達し、いても経ってもいられず、大きな決断をし、自分の手持ちのお金に加え多少のお金を銀行から借り入れスタートしたのです。そして、起業してからもゴールドコースに進み増々自分の資産形成へ向けて大きな興味明けでなくを持ち始めました。 最初は、暗中模索をしながら手探りでがむしゃらに経営に突き進んでいましたが、そのうちに仕事の利益の一部を投資などに回して、 「労働だけでなく不労所得をつくりなさい」 という藤岡リナ先生のアドバイス通り少額ながらもキャッシュフローを作る事も身に付けることが出来ました。私の様な年齢からでも決して遅いスタートではないという事を心から実感しました。決断に若い頃は有利だということは言うまでもありませんが、40代、50代の方でも人生を変える事は決して遅いものではないとこれを読んでいる皆様にぜひお伝えしたく、ここに筆をとりました。思い切って行動したり、決断をする事がとても勇気のいるということだということは言うまでもありませんが、こんな時代に何もしなければ只々目の前にある、現実のまま終わってしまうような状況だと心から感じました。 「チャンスは平等にある」 これが私から、皆様に送る心からの言葉です。一生は一度です。自分の思った通りに人生をハートティアラエクセレントで掴んでください。   二人の子供を抱えながら恋愛成就も果たし年収1千万を越えた 東京都 34歳 K子さん 最初は、恋愛成就の鑑定を対面鑑定で申し込み、2回ほど鑑定を受けましたが、その後すぐに藤岡リナ先生の、セミナーが開催されるという事で、さっそく申し込んで受講しました。 セミナーに集まっている人たちも20代から40代の人が多くそのセミナーの中で、藤岡リナ先生が恋愛成就とお金の関係について、お話されたことが、とても印象的で、バツイチで2人の子供をかかえながら、商社に勤めていた私にとって、恋愛だけでなく、仕事や金運をあげる事こそがハンディーのある私にとってむしろ結婚への近道だという事をつくづく感じむしろ恋愛成就の鑑定は一時お休みし、ハートティアラエクセレントの方を最初に受講するべきだと思いさっそくそちらに切り替えました。 金運をあげ、年収も上げることでもっと自分に自信が持てる事や、子供にかかる費用を相手に頼ることなく自分で出すことで素晴らしい結婚も必ず引き寄せられるという自信が付きました。 エクセレントも、プラチナコースに進むと年収600万程度の私は思い切って外資系の商社に面接を受けて、見事に入社を果たし、1千万を越える年収を手にする事が出来たのです。 もちろん外資系なので英語のスキルをアップすることに様々な勉強を繰り返しましたが、いつも先生にあなたは年収1千万以上もらう価値がある人よ」と励まされたこともあって、私の意識も確実にレベルアップしたのです。 忙しい毎日、只々ひたすら仕事に夢中になっているうちに、同じ会社に勤める外人男性にプロポーズされたのです。 彼の、母国でご両親に紹介されて驚いたことは、イギリスのそれなりの会社の御曹司だったのです。私は、相手の年収や、条件にこだわらず、只々自分自身を高め自分を磨くことで結果、素晴らしい仕事も素晴らしい結婚も同時に手に入れることが出来ました。 この時ほど、実感したことはありません。相手に求めることなく、自分がその自分の求める条件を自らクリアすることで結果、玉の輿に乗るような事もあるものだと納得したものでした。自分がひくい年収のうちにセレブ婚を求めることは逆に近道ではありません。 自分がより良い人生を送りたいと考えるのなら、まずそれにふさわしい自分になる事、 それが最も大切なことなのですね。 これからも、更なるスキルアップをし、大好きな英語を生かして東京とイギリスを往復するような自分らしいライフスタイルを楽しみたいと思います。 これからも、まだまだ藤岡リナ先生のご指導を受けて、飛躍していきたいのでご指導の程よろしくお願い致します。