藤岡リナのハートティアラエクセレント > 新着情報 > 資産形成はケチでもルーズでも成功しない

資産形成はケチでもルーズでも成功しない

お早うございます。

藤岡リナです。

昨日の夕方アップしますなんてメインのHPに書いておきながら

今日の朝になってしまい、ごめんなさい。

今朝は朝から天気がいいので

気分は最高に盛り上がり、朝食も終え家事もすっかり終えて

今事務所に到着しパソコンに向かっています。

今日のテーマ「資産形成はケチでもルーズでも成功しない」

本当に今までたくさんの鑑定者の方たちや、自分を取り巻く友人を見ていても

感じることは、素敵な恋愛成就を果たしたり

納得いく資産形成を成功した人たちに共通して言えることは

バランスの良い生き方や考え方が、そのままその人の生き方=結果に繋がっている

この一言で言い切れると思います。

資産形成も願望達成も、そのプロセスには時間もお金も掛かります。

いくらやる気があっても、金銭の管理が出来ない人は

必ず、お金のことでつまずいて行きます。

自分の収入に見合わない浪費を繰り返していたり

安易に欲しいものを買う習慣がついていたり

家計費がいつもぎりぎりで、たいした貯金もなく

給料日が来るのをあてに浪費を繰り返しているうちに

心にも余裕がなくなり、支払いに追われて

品物や目先の自分の欲望ばかり満たすことにお金を使う習慣は

肝心な自己投資や、本当に必要な交際費やビジネスに掛ける資金を使うことが出来なくなり

目先の生活費を稼ぐだけの、ラットレースを繰り返していく人生しか選べなくなってしまうのです。

もちろんこんな時代ですから、節約をして地道に貯金をする事は

今の若い人に見習う必要がありますが

年収が少ないのに、過度の節約をして通帳の残高が増えたとしても

基本的な年収を増やすような考え方や、行動がなければ

消費税のアップや低金利時代を最後まで円円滑に生きて行くことは

とても困難になってしまうのです。

例えば、消費税が10%ということは

仮に今貴方が1000万円の貯金があっても、そのお金をおろして、何かを買う時には

消費税を考えると、900万しか実際にはないという事ですよね。

これから先消費税が上がり20~30%にもなる時がくれば

1000万円の貯金をいざ使おうとすると

お金は700~800万円の価値しかないということです。

ですので節約貯金派だけの考え方の人は

大きく資産が目減りしていることに気が付いたほうが良いでしょう。

もちろん貯金が悪いと言っているのではなく

自己投資をする事や将来、高収入になるための自己投資は

貴方の貯金を一時的に運と減らしてしまうかもしれえませんが

若いうちには惜しみなく使うところです。

自己投資でも自分の外見(ファッション、美容)、趣味、娯楽そんなことばかりに

お金をかけて来た人の老後は悲劇です。

若いうちはとても楽しい日々を過ごせますが

ある程度の年齢になっても資産形成が出来ていないのでいつも心の中の

ネガティブを吹っ切ることが出来ず見た目は陽気にしていても

心の中はいつも不安だらけです。

そして、なんとなく悪くない年収は取れても

心からやりたい仕事をして来たわけでもないので

本当の充実感のある幸せな思考を持つこともなかなか難しい人が多いのです。

それ日引き換え、若い頃から地道に将来を考えていて

ふんだんに自己投資をして来た人は40歳も過ぎたころには

グーンとほかの人と差が出てきます。

節約や貯金をしながらも使うところにはケチケチしていません。

スキルアップやセミナー、お世話になっている人へのお礼やお付き合いには

きちんとお金を掛けます。

ですから、自分より成功している人とだって仲良くなれるし

単なる女子会や飲み会レベルではない人と

若い頃から、お付き合いが出来るし、有益な情報や考え方に触れることが

将来自分の役に立つことを心から実感していて

生きたお金を使えるからこそ大きなビジネスチャンスや収入アップのチャンスにも恵まれるようになるのです。

外見は貴方を一時的にしかもすぐにも、魅力的に見せてくれますが

いざ彼氏や彼女が出来たとしても、お付き合いが進むと

イザ、その人と結婚して家庭を持とうとした時は

生活能力の高い相手こそ(年収も高く将来性のある相手)ほど

やはり相手のレベルやポテンシャルを重視します。

単に、見た目が好みだからとか、性格が明るいとか、話が合うから。。。

そんなレベルで生涯の伴侶を選ぶような軽率さはないのが殆どの人です。

もちろん見た目や性格が合うのは基本であっても

この時代、100歳まで生きる時代のパートナーに求める条件は

老後も楽しく生きられるかどうか!!!!

この発言はバブル期にはあまりありませんでしたが

少子高齢化が進み、不安定な日本経済を長生きするような

ある意味、過酷な現状の中では、本当に老後まで幸せに健康で生き抜くためには

当然必要な考え方だともいえるでしょう。

私自身も若い頃から、贅沢大好き、グルメもファッションも

旅行も大好き、ワインも趣味もで相当な浪費家ではありましたが

その分、年収をあげる事や不労所得の形成など

資産形成の意欲があったことで、バランスの良い人生を送れたのだと

思います、格言に「よく遊び、良く学ぶという言葉通り

沢山遊び、たくさん働き、そして、たくさん勉強しました。

そうです。

だからこそ、いえることは

ケチでも浪費家でも資産形成は成功しないのです。

思い切り使うところは使い、

節約するところは思い切り節約する。

普段はGUのセーターを着ても

時にはエルメスのバッグを買い一生大事に使う

一生大切に出来る価値のある事や

物でも人間関係は大事な財産です。

目に見えないもの、形に残らないものも

大切なのです、

時間の使い方も財産の一つです。

ダラダラ、生きるか、忙しい中でも有意義に生きるか?

主婦、事業、趣味、自己投資のための習い事。

どれも私にとって大切なもので削れませんから

忙しくてもこなしていますし、とても楽しいです。

50歳も過ぎてこれだけ充実した人生を過ごせるのも

ケチでも、お金にルーズでも、どちらでもない生き方のおかげで

やれているのではないかと、感じています。

もっとケチに徹していたら今頃もっと通帳にお金はあったかもしれませんが

どこかで、大きなストレスを抱え

逆に今お金を大きく失くしていたかもしれませんし

仮に貯金通帳に今以上にお金があっても

こんなに素晴らしい友人や成功した人たちとのお付き合い

心を潤す美食や芸術や美術の数々との出会いもなく

本当の意味の豊かさを感じることはなかったでしょうね。

豊さは、マインドとお金とどちらも必要になるのです。

心豊かに穏やかに、いつも笑顔で生き抜くためにも

上手にお金と付き合い

仕事も若いうちこそ頑張りましょう。体力のあるうち、動ける時を無駄にするのでは

勿体ないですからね。

年齢が高い人は出遅れていますが

過去の経験値が高いのですから

体力が衰えても

脳力で勝負です。

そして潜在意識でグーンと距離を縮めましょう。

若い人とは若い人なりに

年齢が高い人は人なりに

それなりのやり方があるのですから。