藤岡リナのハートティアラエクセレント > 不労所得 > 【50代貯金なし世帯 テレワーク推進は働き方改革ではない現実でも意識をあげ恋愛成就】

【50代貯金なし世帯 テレワーク推進は働き方改革ではない現実でも意識をあげ恋愛成就】

【50代貯金なし世帯 テレワーク推進は働き方改革ではない現実でも意識をあげ恋愛成就】

こんばんは。
藤岡リナ鑑定事務所の岡田友里です。

パンデミック化した新型コロナウィルスにより株式市場では3月コロナショックが激震が襲った。
とはいえ、これにより急浮上に転じた銘柄もあります。
コロナ収束には治療薬とワクチンの開発が不可欠との見方から、株式市場もその開発状況に一喜一憂。
開発期間短縮のため既存治療薬の転用が進んだ富士フィルムHDが新型インフレンザウイルス治療薬として承認を受けていた「ビアガン」は中国の臨床研究が好結果だったことから早期承認をプッシュされていた。
ということでビアガンの臨床開始では6420円まで上がっていました。
この話は昨日購入した四季報に書いてあったのですが、
ここで大事なことは藤岡リナ先生は企業の業績を計る物差しとして四季報 会社情報 日経新聞決済欄は重要だとおっしゃっています。

ただこのニュースは私は藤岡リナ先生の知り合いを通じて元々知っていました。
ニュースなどは出る前などに知り得る事こそが恋愛成就をした後に旦那さんにいい情報を伝えられていいですよね。
そういった場所にふさわしい自分になるよう努力します。

ということで
早速ですが、本日の本題ですが
50代 貯金なし世帯 テレワーク推進は働き方改革ではない現実でも意識をあげ恋愛成就
について書いていきたいと思います。

新型コロナウィルス騒動によりテレワーク推進は働き方改革ではなく50代の方のような管理職に勤めている方は会社側から通勤時間も
仕事に当てられるよう計算され、以前より仕事量が増え恋愛どころではない。
なんて方は鑑定者さんの中でも少なくありません。

恋愛成就については自分自身が忙しく充実している時に成就してしまう

 

恋愛成就については自分自身が忙しく充実している時に成就してしまうので安心してくださいね。
会社の中でも管理職として働かれている50代の方でも、貯蓄については6世帯に1世帯しかできていないというデータがありますが

その理由は
「バブル世代」の終わりがけというところ。
景気が良い時代で、お金をどんどん使い、モノを買い、旅行に出かけ、遊びも派手。そんな華やかな時代を経験しているそうです。
それでもバブルが崩壊する直前だそうですが、現平成の子と比べれば派手ですよね。

「クルマを持つのが当たり前」
「月2回のゴルフは欠かせない」
「部下や後輩にはおごるのが当然」と考えるのがバブル世代。

というとても現代の人よりも金運に好かれる生き方をされているのにとてももったいない。

今度は藤岡リナ先生の提供されているハートティアラエクセレントでお金を作り、20代の時にする結婚よりも素晴らしい結婚をしてみませんか?