藤岡リナのハートティアラエクセレント > 新着情報 > 【恋愛アドバイス 結婚前の下準備(不動産投資) 】

【恋愛アドバイス 結婚前の下準備(不動産投資) 】

【恋愛アドバイス 結婚前の下準備(不動産投資) 】

 

 

こんにちは

藤岡リナ鑑定事務所の岡田友里です。

 

新型コロナの影響で、生活が苦しくなった世帯が最大20万円を無利子で借りられる「緊急小口資金」の申請が殺到し、申請総額は約1045億円となり、リーマン・ショックの影響が大きかった2009年度の約80倍に上ることが24日、事務を総括する全国社会福祉協議会(全社協)への取材で分かったそうです。

生活に行き詰まる人がかつてない規模で増えていることが浮き彫りになった。申請数は7月以降も週2万~3万件のペースで増加しており、頼る人はさらに増え流と言われています。

緊急小口資金は、もともとは低所得世帯が対象の制度だが、国はコロナ対応の特例として対象を拡大した。

個人で資産形成ができる力ができるようになればいいですね。

 

 

資産形成といえば

早速ですが、本日の本題ですが

恋愛アドバイス 結婚前の下準備(不動産投資) 

 

について書いていきたいと思います。

 

 

不動産は購入後、「毎月」かかる費用や「毎年」かかる費用があるので無理のない返済額を知るには「家計簿から逆算」がカギとなります。
「今の家賃」=「月々の返済額」と考えるのは少し安易かも知れませんね。
賃貸住宅で暮らしている人であれば、ほとんどの人が毎月家賃を支払っていますよね。「今の家賃と同等の住宅ローンを借りれば、無理なく返済していけそう」と考える人も多いのではないでしょうか。

マンションを購入した場合かかる費用

 

◾︎月々の住宅ローン返済

◼︎毎月の管理費・修繕積立金

◾︎毎年の固定資産税・都市計画税といった税金

◾︎建物の火災保険や地震保険など

が必要になってきます。

住宅ローンの返済額だけに惑わされず、家計簿などをもとに毎月住居費に回すことのできる金額を算出したうえで、維持費用を差し引いた額を住宅ローンの返済額の目安とし、無理のない資金計画を立てるのがカギですとなるのですが、家賃と同じ金額の家を購入してしまったり、

また投資要素を考えずに自分の住み心地の良い家を購入してしまったり。

 

自分の住み心地のいい家ではなく、財産としてもつ家はどんな家がいいのか。

 

そこにさらに

地層

 

家相

 

周りの環境

こういった観点が入ってきます。

 

 

ここの比率も年齢や鑑定者さんの状況によって変わってくるので恋愛成就の鑑定時に直接相談してみてくださいね。