藤岡リナのハートティアラエクセレント | 藤岡リナ 将来
72
archive,tag,tag-72,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

藤岡リナ 将来 Tag

今日は冷たい雨から雪に変わった横浜でした。 ところにより雪になるとは聞いていましたが 本当に雪になるとは思わなかったとので少しびっくりしました。 関西地方はこの冬一番の大雪になる恐れがあると ニュースで見ましたが皆さんの地域はどうでしたか? 寒いので暖かくしてくださいね。 さて、話は変わりますが老後資金は最低でも 1億は必要だと言われていますが、そこまでなくても 平気だというの情報もありましょよね。 例えば生涯独身女性なら、2000万もあれば 問題ないという情報もあります。 ですが、それは年金がもらえるのを想定した場合です。 これから制度が変わりどうなるかもわかりません。 また、病気をした時の事を想定していないので 病気になって、手術や入院をしたらそのような 金額は一気になくなってしまうのです。 下流老人になってしまう人は起こるかもしれない 事を想定せずになってしまう人が多いのです。 その時にあたふたして慌てるのではなく 起こるだろうという事は想定し今から準備を しておけば問題ないのです。 豊かな老後を過ごすにも今からお金を増やすことに 脳を使いませんか? ...

最近よく耳にする下流老人。 それになりやすい世帯が年収700万だそうです。 自分は中流だから安心とプチ贅沢をしてしまい 退職金をあてにして対して貯蓄もしていなかったことが原因だそうです。 年齢を重ねればそれだけ病気になるリスクも多く 大きな病気をしてしまえば数千万円は一気に飛んでしまう金額です。 今の時代で最低でも老後の資金は1億は必要と言われています。 ですがそのお金を貯めていなかったせいで生活保護になってしまう 人は今たくさんいるのです。 これから先、年金制度も破たんするとも言われていますし 企業でも、退職金も以前のように予想していた金額のような 物はもらえない時代です。 そうなると老後の資金は1億では足りないですよね。 そのためには、今のうちに大きなお金を残しておく必要があります。 余計な出費は極力抑えその分自分の自己投資の回し 収入の分母を増やすことに十分お金を回すことです。 そこで収入が増えたところで生活のレベルは変えずに 大きくまとまったお金でキャッシュフローを作る事です。 そこでお金が増えたところで贅沢をしても遅くはないのです。 ...

今日から東京のタクシーの初乗り料金が410円になりましたね。 少しも距離しか乗らない人は値段が安くなるので少しの距離 しか乗らないのなら確かにお得ですよね。 ですが、初乗りを安くしたことで 「安いからちょとだけ乗ってみようと」 という気持ちで乗ってしまえば結局その初乗りで済まない時もありますよね。 もちろん、お金も十分にある人がタクシーを乗るのはいいと思いますが 十分な収入もないのにタクシーを使うのはどうかと思います。 私も以前はワンメーターだからいいやと よくタクシーを使っていましたが少しの距離なら電車に乗らなくても十分に 歩くこともできますし、歩くことは脳の活性化にも なりますし、お金もかからずに健康にもなれます。 本当に無駄な事にお金を使ったと反省しています。 小銭を大切にできない人は起きなお金も引き寄りません。 お金を増やすには収入が上がっても、収入が少ない時のままの 生活をして、無駄なお金は使わずに投資などの種になるお金を作る事です。 そこで、ある程度のお金が増えた時にそこで初めて贅沢をするのはいいと思います。 贅沢をするのは、自分のベースとなるものを作ってからでも 遅くはありません。 少しくらいいいやという考えで無駄な出費はしていませんか? 無駄な出費は抑えて、自己投資や、投資に回す種のお金 を準備して、さらにお金を増やすための行動をしましょう。 ...

今日は旧正月ですね。 日本も、以前は旧暦を使っていましたが いつから新暦に変わったのでしょうか? 明治5年12月3日、この時12月2日の次の日がいきなり 明治6年1月1日になって新暦に変わったようです。 なぜ、新暦に変えたかというとこの年代の頃に西洋の人々との交流が 盛んになりました。ですが急暦では不便を感じ新暦を使っている 西洋の人々と交流するために新暦に変えたそうです。 もう1つの理由は改暦を行ったのには財政問題があったそうです。 旧暦ではその年は1年が13ヶ月でした。 役人の給料をを年棒制から月給制に改めた後なので、 明治6年には13回給与を支払わなければなりません新暦に 切り替えることによって財政難を逃れたとも言われています。 本当にの理由は財政難だから急に変えたのでしょうね。 そうでなければ、時間をかけて新暦に変えても良いはずです。 財政難といえば今の日本も財政難です。 これから先、中間層が消えて、年収2.300万な人はどんどん増えて 行くことは目に見えています。 その収入で断捨離などをして無駄な出費を抑えて 生活を楽しんでいるのも良いですれど セレブな人はどうなんでしょうね? 今は、収入が少なくても良いけれど リッチな生活を送るのも良いですよね? ハートティアラエクセレントでは今なそうでなくても あるいはさらに収入を上げてリッチになりたい人を 応援するコースです。 あなたが心の底からお金が欲しい、セレブになりたいと 思い行動をしたのならならその願望は叶うのです。 ...

去年、電通の長時間労働で問題になりましたよね。 ですが、長時間労働は他の有名企業でもたくさんあります。 コンプライアンスに反する企業もあると思いますが 長時間労働を強いられる会社は一概にブラック企業とは 言えないのではないでしょうか? サービス残業は以前からありましたが今はお金がもらえなければ それ以上はやりたくないと働く人の意識も低くなってしまているように思います。 また、少しでも注意をしたら何かとパワハラだと騒いだり 注意もできない社会状況にもなっています。 コミュニケーション自体が減っているからこんな状況が起きているのでは ないでしょうか? そのつらい状況でもビジョンを持った人は必ず上に登りつめ 1千万以上の収入を得ています。 その反対に出世もしなくてもいいし、生活が出来ればいいと いった考えで年収300万くらいでも満足している方もいます。 もちろん、本人が低い収入で満足しているのなら それはそれでいいと思います。 収入が低い人同士で結婚をして若い頃はいいですが 年齢が行けば行くほど健康へのリスクは多くなります。 大きな病気をした時には大した蓄えもなく手術や入院をしたら どうでしょうか? 先の人生豊かな生活を送るのか、あるいは細々と生きていくのか 選ぶのは本人次第ですが、これからお金持ちになって豊かに 過ごしたいと思うのなら本気で向き合って人生を逆転しませんか? ...